先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

原油の商品先物の先物取引をはじめるなら・・・


商品先物の先物取引をはじめるならどのような会社が良いでしょうか?

商品先物と言うと口座開設したらしきりに営業マンから
電話がかかってきて、商品が今は買いだ!売りだ!とおススメの電話がかかってくるんじゃないか?

と不安に思うこともあると思います。

でも、今はそういう時代から商品先物もオンライントレードの時代になりましたので、以前のように電話が営業マンからかかってくるという事はなくなりました。

その為、商品先物も今やFXと同じように気軽にトレードできます。

例えば、メジャーどころで言えば、金や原油の商品先物じゃないでしょうか?

ちなみに金の場合、1枚1キログラム単位で市場価格での売買が可能です。

例えば東京金価格が3372円だとします。

これは1gの値段なので、実際に商品先物でトレードするとなると
1キログラムなので1000倍します。

すると実際の売買額は3,372,000円となります。

この金額の金をトレードするのに商品先物の場合は
証拠金と言うものが必要となりますが、実際にこの1枚1キログラムのトレードをするのに必要な証拠金は150,000円です。

この証拠金金額があれば、金1キログラムの1単位のトレードが可能になるのです。

どうでしょうか?
イメージつきましたか?

レバレッジにして20倍弱のトレードとなります。

FXでもこのくらいのレバレッジのトレードはありますので
このように考えればイメージつきやすいですね。

でもいきなりこの金額での商品先物はちょっと怖い気がする。
と言う方もいると思います。

その場合は、金ミニという金1枚の10分の1でのトレードでも可能となりましたので、これで売買をやってみるのも良いと思います。

つまり金100g単位で金ミニは1単位のトレードが可能です。

この場合は、証拠金として18,000円あれば投資する事が可能ですので
ずいぶんと投資しやすくなります。

実際のトレードもチャートで価格推移を見ながらトレードをするので後は、FXでの売買とほとんど同じです。

取扱商品が通貨なのか?商品なのか?という違いだけですから。

もし商品先物を始めてみたい・・・
というのでしたら、北辰物産での売買がおススメです。

ここは商品先物業者の中でもオンライントレードを早くから導入していますし、トレードの手数料も非常に安いです。

例えば、先ほど金の1枚をトレードするのに証拠金150,000円が必要でしたが
この1枚のトレードを日ばかり往復でトレードした場合、336円の手数料がかかります。

また金ミニの場合は、こちらも日ばかり往復の場合、なんと84円です。

思った以上に安いと思いませんか?
ただ、オーバーナイトする場合は、通常の1枚のトレードの場合、往復で672円かかります。

つまり買った日と売った日の2日分の手数料ということでこの値段となります。

金ミニの場合もオーバーナイトになると往復で168円の手数料となります。

商品先物のトレードは手数料が高そう・・・

と思っていた人はちょっと予想外だったのではないかと思います。
それは業界最安値の北辰物産での商品先物のオンライントレードだからだと思いますが^^;

ちなみに北辰物産では良く新規口座開設した後に1枚トレードをした方に
3000円のクオカードをプレゼントしています。



まずは金ミニで1枚トレードしてみて
このクオカード3000円を手に入れるのも良いですね。

と言う訳で商品先物をはじめるなら、ここは一押しです。

商品先物東京金市況について

商品先物東京金市況等の先物市況には、原油先物市況、貴金属(金、白金など)先物市況、工業品先物市況、穀物(小麦、とうもろこし、大豆、コーヒーなど)の商品先物相場市況など、様々な先物市況があります。

商品先物東京金市況等の金の価格については、景気・インフレ動向、通貨・金利の動向、株式・債券の動向・国際情勢 (政治・経済) 、鉱山会社の供給量やヘッジ戦略、ファンド・マネーの動向、アジアや中東地域での消費・投資動向など様々なものが変動要因となります。

そして、原油先物価格と商品先物東京金市況などの金価格は昔から連動するといわれているため、毎日の商品先物東京金市況等の先物市況は欠かせないチェック項目でしょう。

商品先物東京金市況等の商品先物取引の先物市況のチェックには、チャートなどのテクニカル要因も参考になりますが、先物取引などの相場の世界では、やはりファンダメンタル(販売動向や投資計画などの基礎的な情報のこと)は大切です。

相場は生き物ですので常に新鮮な情報を見れる状態にしなければなりません。ファンダメンタルの最新情報は商品先物東京金市況等、市況をチェックし、分析することです。

日経平均先物チャートについて

チャートとは、過去の価格の推移を図にしたもので、これを分析して将来の価格変動を予想するのに用いられます。

日経平均先物チャートのグラフについて、以下に簡単に説明します。

◆ローソク足(ローソクあし)
株価などの相場の値動きを、単位期間を定め、単位期間中の始値、終値、高値、安値の四種の値段(四本値)をローソクと呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べてグラフとした日経平均先物チャートの手法の一つ。(一般に移動平均線と一緒に描かれたり、またローソク足の下に出来高を表示することが多い)

◆移動平均線
ジグザグの値動きを滑らかにすることによって、相場のトレンドを明確にする、日経平均先物チャートの指標で、通常、設定した日数分の終値の平均を用いる。

◆ボリンジャーバンド
移動平均線の上下にバンドを作ることによって、相場の反転を判断することができる日経平均先物チャートの手法で、ボリンジャーバンドの乖離幅は移動平均線を基準とした標準偏差によって決まる。

◆一目均衡表
時間的な概念に注目して作られた日経平均先物チャートの指標で、期間は、基相場の変化日を推定するために用いる基本数値と呼ばれる変化日(「上昇→下降」「下降→上昇」「上昇→保ち合い」などへ転換するまでの日数のこと)を基準とする。

◆パラボリック
RSIの考案者として有名なW.ワイルダーが手がけたトレンド追従型の売買手法で、相場の値動きとSARが交差した地点が売買ポイントとなる。

◆相対力指数(RSI)
W.ワイルダーが考案した、相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを示す日経平均先物チャートのテクニカル指数で、日本で広く活用される。

◆乖離率
ロウソク足と移動平均線、もしくは移動平均線同士の離れ具合を指数化したもので、乖離の度合いにより買われ過ぎ、売られ過ぎを指示する。

この他に、「MACD」、「ストキャスティクス」、「RCI」、「出来高」、「ROC」などの指標があります。