先物市況は重要 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

先物市況は重要

先物市況には、原油先物市況、貴金属(金、白金など)先物市況、工業品先物市況、穀物(小麦、とうもろこし、大豆、コーヒーなど)の商品先物相場市況など、様々な先物市況がます。

その中でも農作物の先物価格は天候相場といわれ、生育期間中の数ヶ月先の天気や気候の予測により、値段が変動しますし、台風などの影響で値段が急騰することもあるので、毎日の天候や他国の動向などの市況のチェックが重要です。

原油先物価格の変動に関わるOPECは原油価格を維持する為、年2回定時総会を開いて生産枠を協議します。

劇的なことが起こらない限り、原油先物価格はNYの先物価格と同じ様に連動しますので、まず前日のNYMEXの価格を見て、それから世界情勢の市況(為替、政治、米国の原油の在庫など)を見てもよいと思います。

金の価格については、景気・インフレ動向、通貨・金利の動向、株式・債券の動向・国際情勢 (政治・経済) 、鉱山会社の供給量やヘッジ戦略、ファンド・マネーの動向、アジアや中東地域での消費・投資動向など様々なものが変動要因となります。

そして、原油先物価格と金価格は昔から連動するといわれているため、毎日の先物市況は欠かせないチェック項目でしょう。

商品先物取引は先物市況のチェックが欠かせません。チャートなどのテクニカル要因も参考になりますが、先物取引などの相場の世界では、やはりファンダメンタル(販売動向や投資計画などの基礎的な情報のこと)は大切です。

相場は生き物ですので常に新鮮な情報を見れる状態にしなければなりません。ファンダメンタルの最新情報は市況をチェックし、分析することです。