為替先物について 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

為替先物について

為替取引には、現時点で通貨の交換を行う直物為替(じきものかわせ)と、将来の時点で通貨の交換を行う先物為替(さきものかわせ)があります。

為替先物は、先物為替と同じ意味として扱われます。

直物為替は、手形の買取や海外への送金など、今すぐ外貨と交換する必要がある場合に利用される取引で、為替先物は、外貨とその対価の受渡しが、将来の特定日に行われることを、現時点で約定する取引です。この為替先物は、決済が数ヶ月後に予定されている輸出入取引等に利用されます。

外国通貨と円の交換レートは、毎日大きく動いているので将来の時点にドルをいくらで交換できるかを決めておくことは重要です。例えば、原価70万円の自動車を1万ドルで売った場合に、為替レートが決まらないと儲けの判断ができません。
為替先物は、現時点で将来の時点に外貨をいくらで売り買いするのかを予約して決めておくものです。

直物為替の取引相手は、市場参加者が多いため簡単に見つかりますが、為替先物の取引相手は簡単に見つからないので、そこで生まれたのが為替スワップ取引です。

為替スワップは、フォワードスワップ(forward swap)ともいいます。この為替スワップ取引は、直物為替と為替先物の売買を、同時に交差的に組み合わせて行うもので、直物為替の売買に、逆の売買条件の為替先物を組み合わせます。