先物225とは? 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

先物225とは?

日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数を日経平均と言い、「日経225」とも呼ばれています。

しかし、日経225は「株価指数」なので、そのものを取引することは出来ません。

それで、その日経225という株価指数を、株式取引をするような感覚で売買できるのが「日経225先物」で、先物225とはこの「日経225先物」を意味します。
しかし先物225には株券などのように現物が存在しない為、すべてが差金決済となります。
先物225等の先物取引には限月というものがあり、この限月は権利行使日が到来し、取引が終了する月日がいつであるのかを示しています。
この限月には、3月限・6月限・9月限・12月限の4種類があり、取引が可能なのは向こう5限月で、それぞれの限月の第2金曜日が清算日となりす。

例えば先物225を取引したのが今年の2月ならば、取引可能なものは「今年の3月限、6月限、9月限、12月限、翌年の3月限」の5限月です。

先物225等の先物取引は期限が決まっていますので取引期間中にまだ決済していなければ強制的に清算価格で反対売買されます。この時の清算価格を「SQ」といいます。