日経225先物でデイトレはどう? 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

日経225先物でデイトレはどう?

先物価格が上がるか下がるかは2分の1の確率なので、たまたまうまくいったからといって調子に乗るとあとで必ずひどい目に会います。

なので、日経225先物デイトレをする場合も、ルールの確立がとても重要になります。

日経225先物デイトレのルールには、具体的には銘柄選択、売買のタイミング、損切りの設定などがありますが、特に注意したいのが「損切りラインの設定」です。

これはその時の感情(欲)に惑わされず「しっかり守る」ことが重要で、これだけは本当に自分を律する強い精神力が必要です。

損切り出来ずに持ち越す(日をまたいでの保有)人が、日経225先物デイトレをする人の中にはごく稀にいますが、これはよくありません。

日経225先物デイトレの持ち越しを1つの戦略とする場合もありますが、そのトレードをする前に、きちんとポジションの取り方をきめる必要があるのです。

気配値は日経225先物デイトレをする上でかなり重要な情報源です。

テクニカル分析で売り買いのタイミングから損切りのラインまですべて設定し、実際に売買するときしか板を見ないで、アラートを待つというのは危険です。

日経225先物デイトレでは手数料の低さがかなり重要になりますが、逆指値などのツールは、一般の投資家にはちょっと高いです。

いつ大口の売りが出たり、流れが変わったりするか分かりませんから、日経225先物デイトレをする時は、とにかく気配値からは目を離さない方がよいでしょう。

デイトレには向き不向きがありますので、自分で向いていないと少しでも感じた場合はすぐに撤退することをオススメします。