日経225先物ミニを知ろう 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

日経225先物ミニを知ろう

日経225先物ミニとは日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引で、将来の特定の日に日経平均株価の100倍を、現時点で取り決めた値段(約定値段)で売買することを約束する取引です。

株式投資のように売買代金を支払うのではなく、証拠金と呼ばれる担保を入れることで取引ができるので、日経225先物ミニは少ない資金で比較的大きな取引ができます。

証拠金により、少ない資金で高いレバレッジ効果が得られ、日経225先物ミニは、日経平均株価の100倍を取引することができるのです。

少ない資金(証拠金)で大きな利益が期待できる一方、相場が予想に反して動いた場合には、同様の効果が働いて損失が拡大する恐れがあります。

日経225先物ミニは、日経平均株価という225銘柄で構成される株価指数を対象とする取引ですので、株式投資のように個別の銘柄の選択・分析に悩む必要はありません。

個別銘柄に投資した場合は、その企業が倒産した場合のリスクも予め考慮しておく必要がありますが、日経225先物ミニは株価指数を対象としているので、倒産というリスクを避けることができます。

相場が上昇すると予想したときには株式投資と同様に「買い」から、反対に相場が下落すると予想したときには「売り」から取引を始めることができます。
「売り」からスタートし、予想通り相場が下落すれば「買戻す」ことで利益を得ることができますが、予想に反して相場が変動した場合には損失が発生します。

日経225先物ミニは信用取引の際に考慮しておかなければならない「金利」や「貸株料」が必要ありません。