日経225先物オプションとは? 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

日経225先物オプションとは?

日経225先物取引が、日経225先物の売買の契約なのに対し、日経225先物オプション取引は日経225先物の売買の権利の取引になります。

一般的にオプション取引とは、予め定められた期日に、特定の商品を、予め定められた価格で、売買する「権利」を取引することです。

日経225先物取引なら相場が下がっても契約しているので絶対にその値段で日経225先物を売買しなければなりませんが、日経225先物オプション取引の場合は権利ですので、不利になる場合は日経225先物売買の権利を放棄していいのです。
つまり、日経225先物オプション取引の買い手は損失を限定できるというメリットがあるということです。

これは、「日経225先物取引の買い」と違い「日経225先物オプション取引の買い」は、損失が最初に支払った金額に限定されるからです。
また、買い手には証拠金が発生しませんので、対象物の価格が予想に反して動いても追加での費用が発生しないため、資金を計画的に運用することができます。

また、日経225先物オプション取引の売り手はリスクは高いですが、プレミアム収入により運用資金の利回りを高めることができます。
売り手は受け取ったプレミアムを証拠金に充当したり、再度、運用資金として利用することができますし、また、対象物の価格が動かない場合でも利益を追求することができます。