先物取引とは? 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

先物取引急所講座は面白い!

「現役営業マンによる 先物取引急所講座」というサイトがあります。

この「先物取引急所講座」には、先物取引を始める際に確認すべきことや、取引に当たり注意すべきことを記した「落とし穴等講座」や、入門取引者向けの取引の進め方(取引手法)、禁止事項、営業マンとの付き合い方等について記した「お奨め講座」があります。

また、「先物取引急所講座」には、ピリ辛コラムのページがあり、ここでは、筆者の率直な意見が記されています。

貴金属情報、石油情報、穀物情報のテクニカル分析表のページも「先物取引急所講座」にはあります。

情報交換の場である「先物取引急所講座」の掲示板には、交流掲示板、情報掲示板、質問掲示板、News掲示板と、内容により別々に用意されています。

また、入門者向け、プロまたは一般投資家のサイト、投資情報・投資顧問サイト、先物サイトリンク集サイト、株・為替・その他投資サイトのようなたくさんの投資に関するサイトのリンク集があります。

また、管理人コーナーには、先物取引とは関係のない面白エッセイが掲載されており、ちょっとした息抜きになると思います。

株価指数先物って何?

株価指数先物とは「株価指数先物取引」を意味し、株価指数を対象とする先物取引です。

具体的には、現在の株価指数の数値と将来の特定の期日における株価指数の数値との差に相当する金銭の授受を約する取引です(将来の特定の期日までに転売又は買い戻しにより差金決済することができます)。

現在は、日経平均株価指数に対応する「日経225先物」と東証株価指数に対応する「TOPIX先物」が、広く利用されています。

現在、株価指数先物取引は、 3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日を取引最終日(満期日)とする取引に区分して行われ、これらを限月取引(げんげつとりひき)といい、取引最終日の近いものから順番に5つの限月取引が並行して行われます。

3月、6月、9月、12月の第2金曜日が限月の区切りになっているので、その前後で株価指数先物の価格が大きく変動することがありますが、これらの区切りはオプションの限月区切りと一致しているので、お互いに影響しあい、その変動が現物株価に影響することもあります。

多くの株を保有する投資家は、今後相場全体が値下がりするであろうと思っても、直すぐに保有株を市場で売却することはできませんが、その代わりに現物株を保有したまま、株価指数先物を売ることで、株式資産のヘッジを行うことができるのです。

株価指数先物のもう一つの役割は、比較的安いコストで大量の株を売ったり、買ったりする手段を提供することですが、この株価指数先物を行うには、証券会社に証拠金を入金する必要があります。

ただし、株価指数先物はきわめてリスクの大きな取引ですので、慎重に運用する必要があります。そのためには、株価指数先物と密接な関係にある現物平均株価である日経平均株価や東証平均株価(TOPIX)の動向を十分調べる必要があります。

TOPIX先物とは?

TOPIX先物の『TOPIX』とは、Tokyo stock Price IndeX(東証株価指数)の略称で、日経平均と並ぶ日本株の代表的な株価指数の1つです。東証一部上場の全銘柄を対象として、各銘柄の時価総額の加重平均を使った株価指数で、簡単に言うと、東証市場第一部上場全銘柄の時価総額が、基準日の時価総額に比較して、どのくらい増えたか減ったか、ということを通して市場全体の株価の動きを表すものです。

TOPIX先物の『先物』とは、『先物取引』のことを意味し、金融派生商品(デリバティブ)の一つで、価格や数値が変動する商品・指数について、将来の売買についてある価格での取引を約定するものを言います。

本来は、TOPIX先物等の先物取引は、価格変動の影響を避けるための手段(リスクヘッジ)として利用されますが、価格変動を利用して利益を得る投機(スペキュレーション)取引というものがあり、この価格変動によって生まれた差額を利益として得ることが出来ます。

つまり、投資対象であるTOPIXは抽象的な数値ですから、先物取引の期限がきても、形のある物を受け渡すことはできないため、TOPIX先物取引の決済は、すべて差金の授受により行うということです。

TOPIX先物の決済方法には、取引最終日までに転売又は買戻しによって決済する方法と、最終決済期日に最終決済する方法があります。

そして、最終決済は、最終清算指数(S.Q.)によって行われます。

日経225先物について

日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数を日経平均と言い、「日経225」とも呼ばれています。

しかし、日経225は「株価指数」なので、そのものを取引することは出来ません。

それで、その日経225という株価指数を、株式取引をするような感覚で売買できるのが「日経225先物」です。
しかし日経225先物には株券などという存在がない為、すべてが差金決済となります。

先物取引には限月というものがあり、この限月は権利行使日が到来し、取引が終了する月日がいつであるのかを示しています。
この限月には、3月限・6月限・9月限・12月限の4種類があり、取引が可能なのは向こう5限月で、それぞれの限月の第2金曜日が清算日となりす。

例えば取引したのが今年の2月ならば、取引可能なものは「今年の日経225先物3月限、日経225先物6月限、日経225先物9月限、日経225先物12月限、翌年の日経225先物3月限」の5限月です。

先物取引は期限が決まっていますので取引期間中にまだ決済していなければ強制的に清算価格で反対売買されます。この時の清算価格を「SQ」といいます。

225先物って?

日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数を日経平均と言い、「日経225」とも呼ばれています。

しかし、日経225は「株価指数」なので、そのものを取引することは出来ません。

それで、その日経225という株価指数を、株式取引をするような感覚で売買できるのが「日経225先物」で、225先物とはこの「日経225先物」を意味します。
しかし日経225先物には株券などという存在がない為、すべてが差金決済となります。

先物取引には限月というものがあり、この限月は権利行使日が到来し、取引が終了する月日がいつであるのかを示しています。
この限月には、3月限・6月限・9月限・12月限の4種類があり、取引が可能なのは向こう5限月で、それぞれの限月の第2金曜日が清算日となります。

例えば取引したのが今年の2月ならば、取引可能なものは「今年の日経225先物3月限、日経225先物6月限、日経225先物9月限、日経225先物12月限、翌年の日経225先物3月限」の5限月です。

先物取引は期限が決まっていますので取引期間中にまだ決済していなければ強制的に清算価格で反対売買されます。この時の清算価格を「SQ」といいます。

先物とは?

先物とは『先物取引』のことを意味し、金融派生商品(デリバティブ)の一つで、価格や数値が変動する商品・指数について、将来の売買についてある価格での取引を約定するものを言います。

本来は、先物取引は、価格変動の影響を避けるための手段(リスクヘッジ)として利用されますが、価格変動を利用して利益を得る投機(スペキュレーション)取引というものがあり、この価格変動によって生まれた差額を利益として得ることが出来ます。

現物でのやり取りをせずに、紙上や電子的に取引を行うため、先物取引は、市場(いちば)よりも大規模な取引を行なうことが可能で、商品を取引する上での世界的な価格指標となります。

現在の先物取引は、「実物取引」と「清算取引」の区分があり、その中間に、期日到来後も30日以内に限って受渡し又は差金決済を繰り延べることが可能な「短期清算取引」があります。また、類似の繰り延べ取引(ロールオーバー制度)として「外国為替証拠金取引」があります。

「証拠金取引」は、売買時の代金全額の現金は不要で、少ない証拠金を担保にして取引が出来るというものです。このため、株式の信用取引と同じように、用意する現金に比べて大きな利益、大きな損失が生じやすく、ハイリスク・ハイリターンな取引です。

実際の先物取引ではほとんどの場合、期限前に反対売買をすることで差額を決済するため、現物が取引されることは稀です。

先物取引には、商品先物取引(商品取引)、金融先物取引、国債先物取引、株価指数先物取引(日経平均先物など)があります。

商品先物とは?

商品先物とは『商品先物取引』のことを意味し、その内容は、投資対象が限られ、個人投資家には有利な仕組みになっています。

商品先物取引とは、農産物、貴金属、石油製品などを「将来の一定期日に、取りきめた値段で取引することを約束する取引のことを言います。

先物価格(将来の価格をいま決めること)があることにより、商品先物取引では、農産物や原材料を供給する企業は価格が下落するリスクを、逆にこれらを流通させる企業や、これらを使って製品をつくる企業は、価格が高騰するリスクを回避することができます。

商品先物取引は、将来の取引の約束なので、一定の期日に受渡し(商品と代金の交換による決済)を行わなければなりません。商品によってその期限は異なりますが、6カ月間または12カ月間です。

また、商品を必要としていない一般の投資家は、最初の取引時の価格と現在の価格の差額を精算することで、取引を終了させることができ、商品先物取引ではこれを差金決済(さきんけっさい)といいます。商品先物取引市場では、この差金決済が取引のほとんどです。

最終的に決済しなければならない期限の月を「限月(げんげつ)」といいます。

売買にあたっては、取引所によって定められた一定額の証拠金を納めなければなりませんが、この額は契約商品全体の額(「丸代金」)の5〜10%くらいです。つまり10〜20倍のレバレッジがかかっているということになります。

先物取引って何?

先物取引とは、金融派生商品(デリバティブ)の一つで、価格や数値が変動する商品・指数について、将来の売買についてある価格での取引を約定するものを言います。

本来は、先物取引は、価格変動の影響を避けるための手段(リスクヘッジ)として利用されますが、価格変動を利用して利益を得る投機(スペキュレーション)取引というものがあり、その価格変動によって生まれた差額を利益として得ることが出来ます。

現物でのやり取りをせずに、紙上や電子的に取引を行うため、先物取引は、市場(いちば)よりも大規模な取引を行なうことが可能で、商品を取引する上での世界的な価格指標となります。

現在の先物取引は、「実物取引」と「清算取引」の区分があり、その中間に、期日到来後も30日以内に限って受渡し又は差金決済を繰り延べることが可能な「短期清算取引」があります。また、類似の繰り延べ取引(ロールオーバー制度)として「外国為替証拠金取引」があります。

「証拠金取引」は、売買時の代金全額の現金は不要で、少ない証拠金を担保にして取引が出来るというものです。このため、株式の信用取引と同じように、用意する現金に比べて大きな利益、大きな損失が生じやすく、ハイリスク・ハイリターンな取引です。

実際の先物取引ではほとんどの場合、期限前に反対売買をすることで差額を決済するため、現物が取引されることは稀です。

先物取引には、商品先物取引(商品取引)、金融先物取引、国債先物取引、株価指数先物取引(日経平均先物など)があります。

先物取引とは?

先物取引とは、金融派生商品(デリバティブ)の一つで、価格や数値が変動する商品・指数について、将来の売買についてある価格での取引を約定するものを言います。

本来は、先物取引は、価格変動の影響を避けるための手段(リスクヘッジ)として利用されますが、価格変動を利用して利益を得る投機(スペキュレーション)取引というものがあり、その価格変動によって生まれた差額を利益として得ることが出来ます。

現物でのやり取りをせずに、紙上や電子的に取引を行うため、先物取引は、市場(いちば)よりも大規模な取引を行なうことが可能で、商品を取引する上での世界的な価格指標となります。

現在の先物取引は、「実物取引」と「清算取引」の区分があり、その中間に、期日到来後も30日以内に限って受渡し又は差金決済を繰り延べることが可能な「短期清算取引」があります。また、類似の繰り延べ取引(ロールオーバー制度)として「外国為替証拠金取引」があります。

「証拠金取引」は、売買時の代金全額の現金は不要で、少ない証拠金を担保にして取引が出来るというものです。このため、株式の信用取引と同じように、用意する現金に比べて大きな利益、大きな損失が生じやすく、ハイリスク・ハイリターンな取引です。

実際の先物取引ではほとんどの場合、期限前に反対売買をすることで差額を決済するため、現物が取引されることは稀です。

先物取引には、商品先物取引(商品取引)、金融先物取引、国債先物取引、株価指数先物取引(日経平均先物など)があります。