先物市況情報 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

商品先物東京金市況について

商品先物東京金市況等の先物市況には、原油先物市況、貴金属(金、白金など)先物市況、工業品先物市況、穀物(小麦、とうもろこし、大豆、コーヒーなど)の商品先物相場市況など、様々な先物市況があります。

商品先物東京金市況等の金の価格については、景気・インフレ動向、通貨・金利の動向、株式・債券の動向・国際情勢 (政治・経済) 、鉱山会社の供給量やヘッジ戦略、ファンド・マネーの動向、アジアや中東地域での消費・投資動向など様々なものが変動要因となります。

そして、原油先物価格と商品先物東京金市況などの金価格は昔から連動するといわれているため、毎日の商品先物東京金市況等の先物市況は欠かせないチェック項目でしょう。

商品先物東京金市況等の商品先物取引の先物市況のチェックには、チャートなどのテクニカル要因も参考になりますが、先物取引などの相場の世界では、やはりファンダメンタル(販売動向や投資計画などの基礎的な情報のこと)は大切です。

相場は生き物ですので常に新鮮な情報を見れる状態にしなければなりません。ファンダメンタルの最新情報は商品先物東京金市況等、市況をチェックし、分析することです。

海外先物市況とは?

海外先物市況とは、海外の取引所や、先物市場で形成される先物相場取引の状況を総称した言葉です。

原油市場の価格変動の要因には世界の景気動向、産油国の生産動向、最大の消費国である米国の在庫量、国際政治情勢などがありますが、一般的に原油価格の上昇は、インフレ懸念から株安に影響します。原油は世界経済に大きな影響を及ぼす商品で、その影響は海外先物市況で重要な株価変動要因のひとつとなります。

また、金先物相場は外国為替相場がドル安円高になれば国内の金価格は一般に下落し、逆にドル高円安になれば国内の金価格は上昇するというドル相場と逆相関係にあり、また政情不安、インフレ、生産減少なども金価格の上昇の要因となり、海外先物市況に大きな影響を与えます。

もうひとつ海外先物市況に大きな影響を及ぼすものとしては、CRB先物指数があります。これはCommodity Research Bureau社が算出する商品先物指数で、商品市況の指数では最も注目される指標であり、商品市場への資金流入やインフレの傾向を計ることができます。この指数を構成する品目は、原油、無鉛ガソリン、暖房油、天然ガス、金、銀、銅、アルミニウム、ニッケル、トウモロコシ、大豆、小麦、綿花、生牛、豚、コーヒー、ココア、オレンジジュース、砂糖の19品目です。

将来的に、ある海外先物市況が値上がりすると予測する時、「買い」からスタートし、その後、価格が値上がりし、どこかの時点で取引を終了して利益を確定する場合、その銘柄取引を「売って」決済することになりますが、この時の、「売値」と「買値」の差額分が利益となります。

しかし、この時には海外先物取引の委託業者へ売買手数料や消費税が別途必要になります。

先物市況は重要

先物市況には、原油先物市況、貴金属(金、白金など)先物市況、工業品先物市況、穀物(小麦、とうもろこし、大豆、コーヒーなど)の商品先物相場市況など、様々な先物市況がます。

その中でも農作物の先物価格は天候相場といわれ、生育期間中の数ヶ月先の天気や気候の予測により、値段が変動しますし、台風などの影響で値段が急騰することもあるので、毎日の天候や他国の動向などの市況のチェックが重要です。

原油先物価格の変動に関わるOPECは原油価格を維持する為、年2回定時総会を開いて生産枠を協議します。

劇的なことが起こらない限り、原油先物価格はNYの先物価格と同じ様に連動しますので、まず前日のNYMEXの価格を見て、それから世界情勢の市況(為替、政治、米国の原油の在庫など)を見てもよいと思います。

金の価格については、景気・インフレ動向、通貨・金利の動向、株式・債券の動向・国際情勢 (政治・経済) 、鉱山会社の供給量やヘッジ戦略、ファンド・マネーの動向、アジアや中東地域での消費・投資動向など様々なものが変動要因となります。

そして、原油先物価格と金価格は昔から連動するといわれているため、毎日の先物市況は欠かせないチェック項目でしょう。

商品先物取引は先物市況のチェックが欠かせません。チャートなどのテクニカル要因も参考になりますが、先物取引などの相場の世界では、やはりファンダメンタル(販売動向や投資計画などの基礎的な情報のこと)は大切です。

相場は生き物ですので常に新鮮な情報を見れる状態にしなければなりません。ファンダメンタルの最新情報は市況をチェックし、分析することです。