先物被害問題 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

先物取引被害相談について

勧誘時の先物取引被害相談には「必ず儲かります」とか「もし損失が出たら負担します」などと言ったり、断ったのに電話がかかってきたり、職場への電話の勧誘、夜間・早朝等の電話または訪問による勧誘、長時間に及ぶ勧誘、脅すような勧誘、執拗な勧誘、請求もしていないのにダイレクトメールが届き、その後電話がかかってくる等の勧誘に関するものが多く寄せられますが、これらはすべて違法な勧誘です。

こういった場合は、早急に、先物業者の管理部・日本商品先物取引協会に苦情を申立て、それでも解決しないとき、又は、取引開始以後でも何か疑問や不安を感じた時は、先物取引に詳しい弁護士に先物取引被害相談をするということが、先物被害を回避する大切な方法です。

契約時の先物取引被害相談には、商品取引員の説明が不十分なまま取引を行い損害が生じるというものがありますが、こういった場合には、先物業者に賠償責任があります。契約時のアンケートの「説明は理解できたか」などという項目に気軽に○をつけてはいけません。

また、取引後に価格が下落した場合に契約を解除したいなどの先物取引被害相談がありますが、これは顧客の投機行為を許すことになるため、クーリングオフ(契約締結後の一定期間、顧客が無条件で契約を解約することができる規則)は適用できません。

先物取引被害相談は昔から多く、その被害は甚大なもので、取り返しがつかないことが多いようです。先物被害にあわないために、取引をする意思のない時は、まずははじめにキッパリと断ることが肝心です。

投資家を先物被害から守るための、先物業者を取り締まる法律等はありますが、このルールは十分に守られているとは言えないのが現状です。(商品先物行政の所管は経済産業省・農林水産省)

先物被害問題について

勧誘時の先物被害問題には「必ず儲かります」とか「もし損失が出たら負担します」などと言ったり、断ったのに電話がかかってきたり、職場への電話の勧誘、夜間・早朝等の電話または訪問による勧誘、長時間に及ぶ勧誘、脅すような勧誘、執拗な勧誘、請求もしていないのにダイレクトメールが届き、その後電話がかかってくる等の勧誘がありますが、これらは全て違法な勧誘です。

こういった先物被害問題が起きた場合には、早急に、先物業者の管理部・日本商品先物取引協会に苦情を申立て、それでも解決しないとき、又は、取引開始以後でも何か疑問や不安を感じた時は、先物被害問題に詳しい弁護士に相談するということが、先物被害問題を回避する大切な方法です。

契約時の先物被害問題には、商品取引員が顧客に対して説明を怠り、説明が不十分なまま取引を行い損害が生じるということがありますが、こういった場合には、先物業者に賠償責任があります。契約時のアンケートの「説明は理解できたか」などという項目に気軽に○をつけてはいけません。

また、取引後に価格が下落した場合に契約を解除するなど、顧客の投機行為を許すことになるためクーリングオフ(契約締結後の一定期間、顧客が無条件で契約を解約することができる規則)は適用できません。

先物被害問題は昔から存在し、その被害は甚大なもので、取り返しがつかないことが多いようです。先物被害にあわないために、取引をする意思のない時は、まずははじめにキッパリと断ることが肝心です。

投資家を先物被害問題から守るための、先物業者を取り締まる法律等はありますが、このルールは十分に守られているとは言えないのが現状です。(商品先物行政の所管は経済産業省・農林水産省)

先物被害とは?

勧誘時の先物被害には「必ず儲かります」とか「もし損失が出たら負担します」などと言ったり、断ったのに電話がかかってきたり、職場への電話の勧誘、夜間・早朝等の電話または訪問による勧誘、長時間に及ぶ勧誘、脅すような勧誘、執拗な勧誘、請求もしていないのにダイレクトメールが届き、その後電話がかかってくる等の勧誘がありますが、これらは全て違法な勧誘です。

こういった場合は、早急に、先物業者の管理部・日本商品先物取引協会に苦情を申立て、それでも解決しないとき、又は、取引開始以後でも何か疑問や不安を感じた時は、先物取引に詳しい弁護士に相談するということが、先物被害を回避する大切な方法です。

契約時の先物被害には、商品取引員が顧客に対して説明を怠り、説明が不十分なまま取引を行い損害が生じるということがありますが、こういった場合には、先物業者に賠償責任があります。契約時のアンケートの「説明は理解できたか」などという項目に気軽に○をつけてはいけません。

また、取引後に価格が下落した場合に契約を解除するなど、顧客の投機行為を許すことになるためクーリングオフ(契約締結後の一定期間、顧客が無条件で契約を解約することができる規則)は適用できません。

先物被害は昔から存在し、その被害は甚大なもので、取り返しがつかないことが多いようです。先物被害にあわないために、取引をする意思のない時は、まずははじめにキッパリと断ることが肝心です。

投資家を先物被害から守るための、先物業者を取り締まる法律等はありますが、このルールは十分に守られているとは言えないのが現状です。(商品先物行政の所管は経済産業省・農林水産省)

先物取引被害には気をつけよう

勧誘時の先物取引被害には「必ず儲かります」とか「もし損失が出たら負担します」などと言ったり、断ったのに電話がかかってきたり、職場へ勧誘の電話がかかってきたり、夜間・早朝等の電話または訪問による勧誘、長時間に及ぶ勧誘、脅すような勧誘、執拗な勧誘、請求もしていないのにダイレクトメールが届き、その後電話がかかってくる等の勧誘がありますが、これらは全て違法な勧誘です。

こういった場合は、早急に、先物業者の管理部・日本商品先物取引協会に苦情を申立て、それでも解決しないとき、又は、取引開始以後でも何か疑問や不安を感じた時は、先物取引に詳しい弁護士に相談するということが、先物取引被害を回避する大切な方法です。

契約時の先物取引被害には、商品取引員が顧客に対して説明を怠り、説明が不十分なまま取引を行い損害が生じるということがありますが、こういった場合には、先物業者に賠償責任があります。契約時のアンケートの「説明は理解できたか」などという項目に気軽に○をつけてはいけません。

また、取引後に価格が下落した場合に契約を解除するなど、顧客の投機行為を許すことになるためクーリングオフ(契約締結後の一定期間、顧客が無条件で契約を解約することができる規則)は適用できません。

先物取引被害は昔から存在し、その被害は甚大なもので、取り返しがつかないことが多いようです。先物取引被害にあわないために、取引をする意思のない時は、まずははじめにキッパリと断ることが肝心です。

投資家を先物取引被害から守るための、先物業者を取り締まる法律等はありますが、このルールは十分に守られているとは言えないのが現状です。(商品先物行政の所管は経済産業省・農林水産省)