日経225先物とは? 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

日経225先物データを集めるには?

225先物の「225」とは、日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数で、225先物とは「日経225先物(日経平均先物)」のことです。

商品先物取引を行うには様々な情報の入手が重要です。

ここで、日経225先物データの入手方法をあげてみましょう。

1、新聞
一般的な新聞のほかに、専門的な情報を集めたもの(「日刊工業新聞」「日経金融新聞」など)もあり、政治・経済情報など相場に関わる情報が入手でき、投資家にとって最もポピュラーな日経225先物データ等の先物情報の入手方法でしょう。

2、書籍・雑誌等
取引の入門的な日経225先物データ等の先物情報から専門的なものまでさまざまなものがあります。

書籍や雑誌は新聞などの情報と比べて発行までに時間がかかっているので、中長期的な観点からの情報や一般的な取引についての日経225先物データ等の先物情報であると認識しておくのが良いでしょう。

3、取引会社
直接、担当者から情報提供を受けたり、定期的な印刷物の発行などによる日経225先物データ等の先物情報の提供が考えられます。

4、インターネット
多くの日経225先物データ等の先物情報が迅速に得られます。

インターネットでは個人でも様々な情報を手軽に入手することができるため、急速に利用も広がっていますが、多くの情報の中から必要な先物情報を選択するのには手間もかかり、またその確実性や情報の精査も課題となっています。

日経225等の先物データの入手方法について

商品先物取引を行うには様々な情報の入手が重要です。

ここで、日経225等の先物データの入手方法をあげてみましょう。

1、新聞
一般的な新聞のほかに、専門的な情報を集めたもの(「日刊工業新聞」「日経金融新聞」など)もあり、政治・経済情報など相場に関わる情報が入手でき、投資家にとって最もポピュラーな日経225先物データ等の先物情報の入手方法でしょう。

2、書籍・雑誌等
取引の入門的な日経225先物データ等の先物情報から専門的なものまでさまざまなものがあります。

書籍や雑誌は新聞などの情報と比べて発行までに時間がかかっているので、中長期的な観点からの情報や一般的な取引についての日経225先物データ等の先物情報であると認識しておくのが良いでしょう。

3、取引会社
直接、担当者から情報提供を受けたり、定期的な印刷物の発行などによる日経225先物データ等の先物情報の提供が考えられます。

4、インターネット
多くの日経225先物データ等の先物情報が迅速に得られます。

インターネットでは個人でも様々な情報を手軽に入手することができるため、急速に利用も広がっていますが、多くの情報の中から必要な先物情報を選択するのには手間もかかり、またその確実性や情報の精査も課題となっています。

日経225先物オプションとは?

日経225先物取引が、日経225先物の売買の契約なのに対し、日経225先物オプション取引は日経225先物の売買の権利の取引になります。

一般的にオプション取引とは、予め定められた期日に、特定の商品を、予め定められた価格で、売買する「権利」を取引することです。

日経225先物取引なら相場が下がっても契約しているので絶対にその値段で日経225先物を売買しなければなりませんが、日経225先物オプション取引の場合は権利ですので、不利になる場合は日経225先物売買の権利を放棄していいのです。
つまり、日経225先物オプション取引の買い手は損失を限定できるというメリットがあるということです。

これは、「日経225先物取引の買い」と違い「日経225先物オプション取引の買い」は、損失が最初に支払った金額に限定されるからです。
また、買い手には証拠金が発生しませんので、対象物の価格が予想に反して動いても追加での費用が発生しないため、資金を計画的に運用することができます。

また、日経225先物オプション取引の売り手はリスクは高いですが、プレミアム収入により運用資金の利回りを高めることができます。
売り手は受け取ったプレミアムを証拠金に充当したり、再度、運用資金として利用することができますし、また、対象物の価格が動かない場合でも利益を追求することができます。

日経225先物ミニを知ろう

日経225先物ミニとは日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引で、将来の特定の日に日経平均株価の100倍を、現時点で取り決めた値段(約定値段)で売買することを約束する取引です。

株式投資のように売買代金を支払うのではなく、証拠金と呼ばれる担保を入れることで取引ができるので、日経225先物ミニは少ない資金で比較的大きな取引ができます。

証拠金により、少ない資金で高いレバレッジ効果が得られ、日経225先物ミニは、日経平均株価の100倍を取引することができるのです。

少ない資金(証拠金)で大きな利益が期待できる一方、相場が予想に反して動いた場合には、同様の効果が働いて損失が拡大する恐れがあります。

日経225先物ミニは、日経平均株価という225銘柄で構成される株価指数を対象とする取引ですので、株式投資のように個別の銘柄の選択・分析に悩む必要はありません。

個別銘柄に投資した場合は、その企業が倒産した場合のリスクも予め考慮しておく必要がありますが、日経225先物ミニは株価指数を対象としているので、倒産というリスクを避けることができます。

相場が上昇すると予想したときには株式投資と同様に「買い」から、反対に相場が下落すると予想したときには「売り」から取引を始めることができます。
「売り」からスタートし、予想通り相場が下落すれば「買戻す」ことで利益を得ることができますが、予想に反して相場が変動した場合には損失が発生します。

日経225先物ミニは信用取引の際に考慮しておかなければならない「金利」や「貸株料」が必要ありません。

日経225先物でデイトレはどう?

先物価格が上がるか下がるかは2分の1の確率なので、たまたまうまくいったからといって調子に乗るとあとで必ずひどい目に会います。

なので、日経225先物デイトレをする場合も、ルールの確立がとても重要になります。

日経225先物デイトレのルールには、具体的には銘柄選択、売買のタイミング、損切りの設定などがありますが、特に注意したいのが「損切りラインの設定」です。

これはその時の感情(欲)に惑わされず「しっかり守る」ことが重要で、これだけは本当に自分を律する強い精神力が必要です。

損切り出来ずに持ち越す(日をまたいでの保有)人が、日経225先物デイトレをする人の中にはごく稀にいますが、これはよくありません。

日経225先物デイトレの持ち越しを1つの戦略とする場合もありますが、そのトレードをする前に、きちんとポジションの取り方をきめる必要があるのです。

気配値は日経225先物デイトレをする上でかなり重要な情報源です。

テクニカル分析で売り買いのタイミングから損切りのラインまですべて設定し、実際に売買するときしか板を見ないで、アラートを待つというのは危険です。

日経225先物デイトレでは手数料の低さがかなり重要になりますが、逆指値などのツールは、一般の投資家にはちょっと高いです。

いつ大口の売りが出たり、流れが変わったりするか分かりませんから、日経225先物デイトレをする時は、とにかく気配値からは目を離さない方がよいでしょう。

デイトレには向き不向きがありますので、自分で向いていないと少しでも感じた場合はすぐに撤退することをオススメします。

先物225とは?

日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数を日経平均と言い、「日経225」とも呼ばれています。

しかし、日経225は「株価指数」なので、そのものを取引することは出来ません。

それで、その日経225という株価指数を、株式取引をするような感覚で売買できるのが「日経225先物」で、先物225とはこの「日経225先物」を意味します。
しかし先物225には株券などのように現物が存在しない為、すべてが差金決済となります。
先物225等の先物取引には限月というものがあり、この限月は権利行使日が到来し、取引が終了する月日がいつであるのかを示しています。
この限月には、3月限・6月限・9月限・12月限の4種類があり、取引が可能なのは向こう5限月で、それぞれの限月の第2金曜日が清算日となりす。

例えば先物225を取引したのが今年の2月ならば、取引可能なものは「今年の3月限、6月限、9月限、12月限、翌年の3月限」の5限月です。

先物225等の先物取引は期限が決まっていますので取引期間中にまだ決済していなければ強制的に清算価格で反対売買されます。この時の清算価格を「SQ」といいます。

日経225先物リアルタイムを知ろう

日経225先物リアルタイムとは、「日経225先物リアルタイムチャート」のことを言い、日経225先物相場の値動きを時間の経過に区切ってグラフ化した記録をリアルタイムで表示したもので、相場の推移が一目で分かります。
1分間隔(1分足)、10分間隔(10分足)、1時間間隔(時間足)、1日間隔(日足)、1週間間隔(週足)他、日経225先物リアルタイムなどのリアルタイムチャートには、いろいろなチャートがあります。

日経225先物リアルタイムなどのリアルタイムチャートのグラフの変化を注意深く観察して今後の取引を考察するという事はとても重要な事です。

現在値以外にも、始値、高値、安値、終値の4本値、出来高等のリアルタイム情報が、日経225先物リアルタイムなどのリアルタイムチャートは、注文画面と同一画面上で見れるようになっています。

また、銘柄の売気配株数、気配値、買気配株数などの板情報も、日経225先物リアルタイムなどのリアルタイムチャートでは見られますので、細かい情報を調べながら取引ができます。

インターネット取引の新サイトでは、ウォッチリスト機能というのがついています。
これは、自分が気になる銘柄を登録すれば、あとは自動で株価の動向を簡単に確認することができる機能で、ウィッチリストに登録した銘柄を取引したい時は、ウォッチリスト画面から注文画面にダイレクトに注文できます。

さまざまな条件指定を設定すれば、希望にあった銘柄を確実に探すことができる、スクリーニング機能も装備しています。

機能はそれぞれの取引会社によって違いますが、口座を開設したお客さんに上記の様な機能を備えたチャートを無料でサービスしている会社もあます。

225先物5分足チャートを見よう

225先物5分足とは、日経225先物相場の値動きを5分間隔に区切ってグラフ化した記録をリアルタイムで表示した「日経225先物5分足リアルタイムチャート」で、相場の推移が一目で分かります。
1分間隔(1分足)、10分間隔(10分足)、1時間間隔(時間足)、1日間隔(日足)、1週間間隔(週足)等々、リアルタイムチャートにはいろいろな時間間隔のものがあります。

225先物5分足などのリアルタイムチャートのグラフの変化を注意深く観察して今後の取引を考察するという事はとても重要な事です。

現在値以外にも、始値、高値、安値、終値の4本値、出来高等のリアルタイム情報が、225先物5分足などのリアルタイムチャートは、注文画面と同一画面上で見れるようになっています。

また、銘柄の売気配株数、気配値、買気配株数などの板情報も、225先物5分足などのリアルタイムチャートでは見られますので、細かい情報を調べながら取引ができます。

インターネット取引の新サイトでは、ウォッチリスト機能というのがついています。
これは、自分が気になる銘柄を登録すれば、あとは自動で株価の動向を簡単に確認することができる機能で、ウィッチリストに登録した銘柄を取引したい時は、ウォッチリスト画面から注文画面にダイレクトに注文できます。

さまざまな条件指定を設定すれば、希望にあった銘柄を確実に探すことができる、スクリーニング機能も装備しています。

機能はそれぞれの取引会社によって違いますが、口座を開設したお客さんに上記の様な機能を備えたチャートを無料でサービスしている会社もあます。

日経225先物リアルチャートを活用しよう

日経225先物リアルタイムチャートとは、日経225先物相場の値動きを時間の経過に区切ってグラフ化した記録をリアルタイムで表示したもので、相場の推移が一目で分かります。
1分間隔(1分足)、10分間隔(10分足)、1時間間隔(時間足)、1日間隔(日足)、1週間間隔(週足)他、日経225先物リアルタイムチャートなどのリアルタイムチャートには、いろいろなチャートがあります。

日経225先物リアルタイムチャートなどのリアルタイムチャートのグラフの変化を注意深く観察して今後の取引を考察するという事はとても重要な事です。

現在値以外にも、始値、高値、安値、終値の4本値、出来高等のリアルタイム情報が、日経225先物リアルタイムチャートなどのリアルタイムチャートは、注文画面と同一画面上で見れるようになっています。

また、銘柄の売気配株数、気配値、買気配株数などの板情報も、日経225先物リアルタイムチャートなどのリアルタイムチャートでは見られますので、細かい情報を調べながら取引ができます。

インターネット取引の新サイトでは、ウォッチリスト機能というのがついています。
これは、自分が気になる銘柄を登録すれば、あとは自動で株価の動向を簡単に確認することができる機能で、ウィッチリストに登録した銘柄を取引したい時は、ウォッチリスト画面から注文画面にダイレクトに注文できます。

さまざまな条件指定を設定すれば、希望にあった銘柄を確実に探すことができる、スクリーニング機能も装備しています。

機能はそれぞれの取引会社によって違いますが、口座を開設したお客さんに上記の様な機能を備えたチャートを無料でサービスしている会社もあます。

日経先物ミニについて

日経先物ミニとは「日経225先物mini」のことで、これは日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引で、将来の特定の日に日経平均株価の100倍を、現時点で取り決めた値段(約定値段)で売買することを約束する取引です。

株式投資のように売買代金を支払うのではなく、証拠金と呼ばれる担保を入れることで取引ができるので、日経先物ミニは少ない資金で比較的大きな取引ができます。

証拠金により、少ない資金で高いレバレッジ効果が得られ、日経先物ミニは、日経平均株価の100倍を取引することができるのです。

少ない資金(証拠金)で大きな利益が期待できる一方、相場が予想に反して動いた場合には、同様の効果が働いて損失が拡大する恐れがあります。

日経先物ミニは、日経平均株価という225銘柄で構成される株価指数を対象とする取引ですので、株式投資のように個別の銘柄の選択・分析に悩む必要はありません。

個別銘柄に投資した場合は、その企業が倒産した場合のリスクも予め考慮しておく必要がありますが、日経先物ミニは株価指数を対象としているので、倒産というリスクを避けることができます。

相場が上昇すると予想したときには株式投資と同様に「買い」から、反対に相場が下落すると予想したときには「売り」から取引を始めることができます。
「売り」からスタートし、予想通り相場が下落すれば「買戻す」ことで利益を得ることができますが、予想に反して相場が変動した場合には損失が発生します。

日経先物ミニは信用取引の際に考慮しておかなければならない「金利」や「貸株料」が必要ありません。

日経225先物miniはどう?

日経225先物miniは日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引で、将来の特定の日に日経平均株価の100倍を、現時点で取り決めた値段(約定値段)で売買することを約束する取引です。

株式投資のように売買代金を支払うのではなく、証拠金と呼ばれる担保を入れることで取引ができるので、日経225先物miniは少ない資金で比較的大きな取引ができます。

証拠金により、少ない資金で高いレバレッジ効果が得られ、日経225先物miniは、日経平均株価の100倍を取引することができるのです。

少ない資金(証拠金)で大きな利益が期待できる一方、相場が予想に反して動いた場合には、同様の効果が働いて損失が拡大する恐れがあります。

日経225先物miniは、日経平均株価という225銘柄で構成される株価指数を対象とする取引ですので、株式投資のように個別の銘柄の選択・分析に悩む必要はありません。

個別銘柄に投資した場合は、その企業が倒産した場合のリスクも予め考慮しておく必要がありますが、日経225先物miniは株価指数を対象としているので、倒産というリスクを避けることができます。

相場が上昇すると予想したときには株式投資と同様に「買い」から、反対に相場が下落すると予想したときには「売り」から取引を始めることができます。
「売り」からスタートし、予想通り相場が下落すれば「買戻す」ことで利益を得ることができますが、予想に反して相場が変動した場合には損失が発生します。

日経225先物miniは信用取引の際に考慮しておかなければならない「金利」や「貸株料」が必要ありません。

日経225先物をシステムトレードで取引してみたら

先物取引は間違った投資をすると、一晩で全財産を失ってしまうような大変危険な投資ですが、ルールを守って勝ちやすい時のみの投資方法に撤してシステムトレードを行っていけば、大きな利益は得られなくても、確実な利益は得られます。

システムトレードは、人間の感情に左右されないため、どんな市場状況でも高いパフォーマンスを発揮します。

日経225先物システムトレードは、過去の結果や現在の状況を数値的に判断させるプログラムを作成し、人間の感情の影響を排した機械的な取引を実施する方法です。

近年の日経225先物システムトレードでは、メカニカルトレード(売買の条件を記述したプログラムをコンピューターに実行させ、その指示にもとづいて売買する方法)が多くなっています。

システムの設計を行い、テストして検証した後、調整することを繰り返しながら続けていくもので、日経225先物システムトレードは、勝ちトレードを増やしつつ、トータルで利益の出せるシステムを目指します。

現在証券会社では携帯電話で日経225先物の取引が可能となっているところがほとんどです。
日経225先物取引自体は1〜2分で完了してしまうため、日経225先物システムトレードの有料配信を携帯電話で受信し、その場で仕事中に日経225先物取引をしている人もいます。

日中に仕事などで拘束されていない方は、インターネットで相場を見ながら完全リアルタイムで日経225先物取引ができるため、ほかの方に比べて有利に感じられますが、このような人の中に一番利益が伸び悩んでいる人が多いのです。

それは、一日に行われる日経225先物システムトレードの取引回数が少ないので、日中相場を見ている方には空き時間が多く、そのため、システムトレードの指示以外の取引を勝手にして、損をしている方が意外と多いのです。

日経先物225とは?

日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数を日経平均と言い、「日経225」とも呼ばれています。

しかし、日経225は「株価指数」なので、そのものを取引することは出来ません。

それで、その日経225という株価指数を、株式取引をするような感覚で売買できるのが「日経先物225」です。
しかし日経先物225には株券などという存在がない為、すべてが差金決済となります。

先物取引には限月というものがあり、この限月は権利行使日が到来し、取引が終了する月日がいつであるのかを示しています。
この限月には、3月限・6月限・9月限・12月限の4種類があり、取引が可能なのは向こう5限月で、それぞれの限月の第2金曜日が清算日となりす。

例えば取引したのが今年の2月ならば、取引可能なものは「今年の日経先物225・3月限、日経先物225・6月限、日経先物225・9月限、日経先物225・12月限、翌年の日経先物225・3月限」の5限月です。

先物取引は期限が決まっていますので取引期間中にまだ決済していなければ強制的に清算価格で反対売買されます。この時の清算価格を「SQ」といいます。

日経225先物取引について

日経225先物取引とは、将来のあらかじめ定められた満期日に、現時点で取り決めた価格(日経225先物価格)で日経平均株価を売買する取引の契約を取引すること、つまり、現在の先物価格で、決済日の日経平均株価を買う(又は売る)取引のことを言います。

日本で最も取引されている株価指数先物取引である『日経225先物取引』は、東証第一部上場銘柄のうち、売買が活発で、流動性の高い225銘柄の株価を単純平均し、修正したもので、 この225銘柄は全業種から選ばれたバランスの取れた銘柄です。

その日経225という株価指数を、株式取引をするような感覚で売買できるのが「日経225先物取引」ということです。

通常、日経225先物取引では、最終決済日で差金決済することは稀であり、普通の個人投資家は、決済日前の期間中に途中で反対売買により差金決済し、利食い(もしくは損切り)をしてしまいます。期間中の反対売買の場合には 『反対売買を行った時の約定価格』、最終決済の場合には『SQ値』となります。満期日にまだ決済していなければ強制的に清算価格で反対売買されます。

SQ(スペシャル・クォーテーション)とは、満期日の決済に用いられる最終清算指数のことで、3月、6月、9月、12月の第2金曜日の日経225の構成銘柄の始値によって算出された指数です。取引最終日まで決済しなかった場は、このSQ値で自動的に決済されます。

株価指数先物取引には、限月(げんげつ)という概念があり取引できる期間が決まっています。
日経225先物取引は定められた満期日での売買価格の契約の取引であり、この満期月(決済月)を限月と言います。

それらは、3月、6月、9月、12月の各月の第二金曜日の前日を取引最終日として区分されています。
各限月取引の期間は1年3か月で、常に5つの限月取引が並行して取引されます。

日経平均先物とは?

日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数を日経平均と言い、「日経225」とも呼ばれています。

しかし、日経平均は「株価指数」なので、そのものを取引することは出来ません。

それで、その日経平均という株価指数を、株式取引をするような感覚で売買できるのが「日経平均先物」ですが、この日経平均先物には株券などという存在がない為、すべてが差金決済となります。

先物取引には限月というものがあり、この限月は権利行使日が到来し、取引が終了する月日がいつであるのかを示しています。
この限月には、3月限・6月限・9月限・12月限の4種類があり、取引が可能なのは向こう5限月で、それぞれの限月の第2金曜日が清算日となります。

例えば取引したのが今年の2月ならば、取引可能なものは「今年の日経平均先物3月限、日経平均先物6月限、日経平均先物9月限、日経平均先物12月限、翌年の日経平均先物3月限」の5限月です。

先物取引は期限が決まっていますので取引期間中にまだ決済していなければ強制的に清算価格で反対売買され、この時の清算価格を「SQ」といいます。