シカゴ日経先物とは? 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

CME日経平均先物について

CMEとは、シカゴ・マーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange)の略称で、アメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所及び金融先物取引所です。CMEの他に「The Merc」とも呼ばれています。

なお、Mercantile Exchangeは「商品取引」という意味ですが、シカゴ商品取引所(CBOT)と区別するため習慣的にCMEという訳語になっています。

CME日経平均先物とは、CMEで扱っている日経平均先物を指しています。

現在ではその取引量は世界最大規模で24時間取り扱っており、CME日経平均先物は日本の投資家の注目を集めています。

CMEでは、金利、株価指数、為替、畜産物、天候デリバティブ等のCME日経平均先物取引及びオプションを扱っており、また、CMEでは、CME日経平均先物や通貨のほか、TBやユーロドル金利などが人気です。

大証終値は大阪証券取引所での日経平均先物の終値で、それは日経平均先物の日本市場の終値を指しています。

しかし、アメリカのCME日経平均先物などの取引所は日本時間の深夜や早朝でも取引が行われるため、大証終値とCMEの平均先物の数値が比較され、急激に高くなっている場合、翌日の日経平均も高くなるという見方もできます。

CME日経先物って何?

CMEとは、シカゴ・マーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange)の略称で、アメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所及び金融先物取引所です。CMEの他に「The Merc」とも呼ばれています。

なお、Mercantile Exchangeは「商品取引」という意味ですが、シカゴ商品取引所(CBOT)と区別するため習慣的にCMEという訳語になっています。

CME日経先物とは、CMEで扱っている日経先物を指しています。

現在ではその取引量は世界最大規模で24時間取り扱っており、CME日経先物は日本の投資家の注目を集めています。

CMEでは、金利、株価指数、為替、畜産物、天候デリバティブ等のCME日経先物取引及びオプションを扱っており、また、CMEでは、CME日経先物や通貨のほか、TBやユーロドル金利などが人気です。

大証終値は大阪証券取引所での日経平均先物の終値で、それは日経平均先物の日本市場の終値を指しています。

しかし、アメリカのCME日経先物などの取引所は日本時間の深夜や早朝でも取引が行われるため、大証終値とCMEの平均先物の数値が比較され、急激に高くなっている場合、翌日の日経平均も高くなるという見方もできます。

シカゴ日経225先物について

シカゴ日経225先物とは、シカゴ先物市場で扱われる日経225先物のことですが、そのシカゴ日経225先物価格に注目することで、翌日の日経平均の流れをある程度読むことができます。

日経平均225の先物には、大証、シカゴ先物市場、シンガポール先物市場などがあり、これら先物市場の日経平均先物価格は日本の株価にも大きな影響を与えます。

このなかでシカゴ先物市場については東証と取引時間が違うため、翌日の日経平均の動きを読む上で非常に参考になります。

例えば、日経平均は前日のシカゴ日経225先物の終値にさや寄せするような動きを見せることが多いため、夜にeワラントを購入するならシカゴ日経225先物の価格をぎりぎりまで見極めてから、また、朝注文を入れるならシカゴ日経225先物の終値を見てからにすればよいということがわかります。

シカゴ先物市場には、日経平均のほかにナスダック100株価指数やS&P500の先物もあり、これらはアメリカ市場に大きな影響を与えます。

シカゴ先物市場には24時間取引されているものもあり、CMEが運営する金融先物の24時間取引システムをGLOBEXと言います。

CME先物を知ろう

CMEとは、シカゴ・マーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange)の略称で、アメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所及び金融先物取引所です。CMEの他に「The Merc」とも呼ばれています。

なお、Mercantile Exchangeは「商品取引」という意味ですが、シカゴ商品取引所(CBOT)と区別するため習慣的にCMEという訳語になっています。

CME先物とは、CMEで扱っている先物を指しています。

現在ではその取引量は世界最大規模で、日経平均株価の先物も24時間取り扱っており、CME先物は日本の投資家の注目を集めています。

CMEでは、金利、株価指数、為替、畜産物、天候デリバティブ等のCME先物及びオプションを扱っており、また、CMEでは、通貨のほか、TBやユーロドル金利などが人気で、CME先物では日経平均株価(日経225)先物も上場しています。

大証終値は大阪証券取引所での日経平均先物の終値で、それは日経平均先物の日本市場の終値を指しています。

しかし、アメリカのCME先物などの取引所は日本時間の深夜や早朝でも取引が行われるため、大証終値とCMEの日経平均先物の数値が比較され、急激に高くなっている場合、翌日の日経平均も高くなるという見方もできます。

シカゴ日経平均先物について

シカゴ日経平均先物とは、シカゴ先物市場で扱われる日経平均先物のことですが、そのシカゴ日経平均先物価格に注目することで、翌日の日経平均の流れをある程度読むことができます。

日経平均225の先物には、大証シカゴ先物市場、シンガポール先物市場などがあり、これら先物市場の日経平均先物価格は日本の株価にも大きな影響を与えます。

このなかでシカゴ先物市場については東証と取引時間が違うため、翌日の日経平均の動きを読む上で非常に参考になります。

例えば、日経平均は前日のシカゴ日経平均先物の終値にさや寄せするような動きを見せることが多いため、夜にeワラントを購入するならシカゴ日経平均先物の価格をぎりぎりまで見極めてから、また、朝注文を入れるならシカゴ日経平均先物の終値を見てからにすればよいということがわかります。

シカゴ先物市場には、日経平均のほかにナスダック100株価指数やS&P500の先物もあり、これらはアメリカ市場に大きな影響を与えます。

シカゴ先物市場には24時間取引されているものもあり、CMEが運営する金融先物の24時間取引システムをGLOBEXと言います。

シカゴ先物とは?

シカゴ先物とは、シカゴ先物市場(CME)を意味し、このシカゴ先物市場では、日経225、ナスダック100株価指数、S&P500の先物などの先物が取引されています。

日経225の先物には、シカゴ先物市場、大証、シンガポール先物市場などがあり、これら先物市場の日経平均先物価格は日本の株価にも大きな影響を与えます。

なかでもシカゴ先物市場については、東証と取引時間が違うため、翌日の日経平均の動きを読む上で非常に参考になります。

例えば、日経平均は前日のシカゴ日経先物の終値にさや寄せするような動きを見せることが多いため、夜にeワラントを購入するならシカゴ日経先物の価格をぎりぎりまで見極めてから、また、朝注文を入れるならシカゴ日経先物の終値を見てからにすればよいということがわかります。

金融先物の24時間取引システム『Globe』により、シカゴ先物市場では銘柄によっては24時間取引が可能です。