海外先物とは? 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

海外商品先物相場とは?

海外商品先物相場は基本的に実際の物(シカゴ大豆など)をその時に売買する取引ではなく、よく「テコの原理」と言われますが、一定の保証金を積むことでより大きな取引を行うものです。

海外商品先物相場では、 「納会日」までは実際の現物を購入する為の保管場所も多額のキャッシュもいらず、 取引を保証するための「委託基本保証金」を代わりに預け入れるのが原則です。

この「委託基本保証金」は原則取引終了後に返還されますが、その取引において損失が発生した場合は、その金額分が差し引かれます。
この「委託基本保証金」などの証拠金額は銘柄ごとに取引所によって定められています。

「委託基本保証金」は、海外商品先物相場の「取引を保証するため」のものですので、預けた保証金の中から損失分を差し引いて返却されるという性質からすると、計算上の損失があるレベル以上になった場合は、取引を終了して損失を確定させるか、「委託追証拠金(いたくおいしょうこきん)」(通称「おいしょう」)(取引を継続するために追加する資金)を入れるか、 どちらかを選択することになります。

この「委託追証拠金」が必要となるのは、「計算上のマイナスが、委託本証拠金として預け入れている金額の50%を超過した時点で、また、その時必要となる金額は「委託本証拠金額の50%相当額」となります。

将来的に、ある海外商品先物相場が値上がりすると予測する時、「買い」からスタートし、その後、価格が値上がりし、どこかの時点で取引を終了して利益を確定する場合、その銘柄取引を「売って」決済することになりますが、この時の、「売値」と「買値」の差額分が利益となります。

しかし、この時には海外商品先物相場の委託業者へ売買手数料や消費税が別途必要になります。

海外先物取引について

海外先物取引は基本的に実際の物(シカゴ大豆など)をその時に売買する取引ではなく、よく「テコの原理」と言われますが、一定の保証金を積むことでより大きな取引を行うものです。

海外先物取引では、 「納会日」までは実際の現物を購入する為の保管場所も多額のキャッシュもいらず、取引を保証するための「委託基本保証金」を代わりに預け入れるのが原則です。

この「委託基本保証金」は原則取引終了後に返還されますが、その取引において損失が発生した場合は、その金額分が差し引かれます。
この「委託基本保証金」などの証拠金額は銘柄ごとに取引所によって定められています。

「委託基本保証金」は、海外先物取引の「取引を保証するため」のものですので、預けた保証金の中から損失分を差し引いて返却されるという性質からすると、計算上の損失があるレベル以上になった場合は、海外先物取引を終了して損失を確定させるか、「委託追証拠金(いたくおいしょうこきん)」(通称「おいしょう」)(取引を継続するために追加する資金)を入れるか、 どちらかを選択することになります。

この「委託追証拠金」が必要となるのは、「計算上のマイナスが、委託本証拠金として預け入れている金額の50%を超過した時点で、また、その時必要となる金額は「委託本証拠金額の50%相当額」となります。

将来的に、ある海外先物が値上がりすると予測する時、「買い」からスタートし、その後、価格が値上がりし、どこかの時点で取引を終了して利益を確定する場合、その銘柄取引を「売って」決済することになりますが、この時の、「売値」と「買値」の差額分が利益となります。

しかし、この時には海外先物取引の委託業者へ売買手数料や消費税が別途必要になります。

海外先物って何?

海外先物取引は基本的に実際の物(シカゴ大豆など)をその時に売買する取引ではなく、よく「テコの原理」と言われますが、一定の保証金を積むことでより大きな取引を行うものです。

海外先物取引では、 「納会日」までは実際の現物を購入する為の保管場所も多額のキャッシュもいらず、 取引を保証するための「委託基本保証金」を代わりに預け入れるのが原則です。

この「委託基本保証金」は原則取引終了後に返還されますが、その取引において損失が発生した場合は、その金額分が差し引かれます。
この「委託基本保証金」などの証拠金額は銘柄ごとに取引所によって定められています。

「委託基本保証金」は、海外先物取引の「取引を保証するため」のものですので、預けた保証金の中から損失分を差し引いて返却されるという性質からすると、計算上の損失があるレベル以上になった場合は、取引を終了して損失を確定させるか、「委託追証拠金(いたくおいしょうこきん)」(通称「おいしょう」)(取引を継続するために追加する資金)を入れるか、 どちらかを選択することになります。

この「委託追証拠金」が必要となるのは、「計算上のマイナスが、委託本証拠金として預け入れている金額の50%を超過した時点で、また、その時必要となる金額は「委託本証拠金額の50%相当額」となります。

将来的に、ある海外先物が値上がりすると予測する時、「買い」からスタートし、その後、価格が値上がりし、どこかの時点で取引を終了して利益を確定する場合、その銘柄取引を「売って」決済することになりますが、この時の、「売値」と「買値」の差額分が利益となります。

しかし、この時には海外先物取引の委託業者へ売買手数料や消費税が別途必要になります。