ガソリン先物とは? 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

ガソリン先物ってなんだろう

原油は国際間の移動が激しい商品で、各国の政情、経済等の影響を非常に受けやすく、第一次、第二次オイルショック、2001年のアメリカ同時多発テロ、2005年のアメリカのハリケーン被害、 イラク戦争などの影響により、原油価格は高騰しました。
資源のほとんどを輸入に頼っている日本えは、このような原油価格の変動は経済、産業に大きな影響を与えます。

原油とは油田から採掘し、精製されていない状態のもので、 これを精製することによってガソリン、灯油等さまざまな石油製品になりますが、その中でも流通量1位はガソリンで、石油製品の中で需要・供給ともに最も高くなっています。

夏季のガソリン需要に備え、アメリカでは毎年2月から3月にかけて製油所で定期修理がおこなわれるため、この時期はガソリンの稼働率が低迷する傾向にありますが、ガソリンは、灯油と同様に季節で需要が変化し、 レジャーシーズンの夏場には需要が多くなるのでガソリン先物取引でもそれに連動して価格が動きます。

そして、ガソリン先物取引の価格は原油の価格の他に、景気動向、自動車の販売動向等に影響を受けます。

ガソリン先物取引の種類は「現物先物取引」で、その現物は日本工業規格のK2202の2号、k2203の1号の品質基準に適合する商品です。

売買仕法は「システム売買による個別競争売買(複数約定)」で、ガソリン先物取引は6ヶ月以内の「連続6限月制」です。

またガソリン先物取引市場における取引はガソリン税抜きですが、受渡代金にはガソリン税が付加されます。