先物その他情報 先物取引で日経225・金・商品投資実践講座

先物手口情報とは?

先物手口とは、先物取引所の中で、どの取引会社が、どの銘柄についてどのくらい売っているか(もしくは買っているか)を示す売買数量の事をいい、その先物手口のうち、買いの場合を「買い手口」、売りの場合を「売り手口」といいます。

「インターネットの発達」や「オンライン証券の台頭」などで、売買手口情報の一部が一般投資家にも広く伝わるようになりました。

先物手口等情報は、将来は必ず決済しなければいけないものであるため、売買の材料の1つと見られ、これにより先物銘柄に関する売買の傾向がわかります。

ですが、この先物手口情報は、情報の公平性、市場機能の強化、市場の透明性、海外主要市場との整合性、先物手口等の売買手口情報のあり方、等の観点から論議され、2003年6月30日以後、東証、大証、共に非公開となっています。

そして、この先物手口情報の非公開に際し、それまで上下3本を配信していた気配情報を東証、大証共に上下5本に拡充しています。

先物とうもろこしって何?

とうもろこしは、ほとんどが家畜用飼料として使われますが、そのほか、公害規制のためガソリンに混入するエタノールの原料など、工業用、燃料用アルコールの原料として、またはコーンスターチ、人口甘味料、工業用アルコールなど用途は多岐にわたります。

とうもろこしは、日本国内ではほとんど生産されておらず、40%以上をアメリカからの輸入に頼っています。

先物とうもろこしは、天候、在庫率に影響されますが、日本ではほとんどをアメリカからの輸入に頼っているため、 為替レートの変動も大きく影響します。

主要生産国である米国中西部産地での、とうもろこしの作付けに適した時期は4〜5月、7〜8月が受粉期、10〜11月が収穫期で、作付け期に長雨になると、作付け期が遅い大豆へのシフトが懸念され、作付面積の減少が予想されるため、先物とうもろこしは買い材料となることがあります。

このように、産地の生育期の天候いかんでその年の豊凶が大きく変わるため、例年この時期の先物とうもろこし相場は、「天候相場」と呼ばれ、先物とうもろこし相場が大きく変動する特徴があります。

また、とうもろこしの収穫期から翌年の春に作付けが始まるまでの時期は、天候要因から
、消費や輸出などの需給要因へと注目材料が移るため、この時期の先物とうもろこし相場は、一般に「需給相場」といわれています。

先物相場外務員とは?

先物相場外務員(登録外務員)とは、商品取引員(商品取引受託業務を営む株式会社)の従業員で、日本商品先物取引協会が実施する「登録外務員試験」に合格した人のことをいい、先物相場外務員の業務を行うには、商品取引員を通じて、内閣府令で定める外務員登録原簿に登録をしなければなりません。

そして、その登録内容に虚偽の記載、若しくは重要な事実の記載が欠けている事が発覚したときは、その先物相場外務員の登録を取り消され、その取消しの日から五年を経過しなければ再登録はできません。

先物相場外務員は、その所属する先物取引業者に代わってその先物取引の受託等に関し、一切の裁判外の行為を行う権限を有します。

投資家が売買を行う場合は、この先物相場外務員を通すか、商品取引員のコンピューターを介したインターネット取引を行うかのどちらかになります。

そのほか、先物相場外務員は、受託契約等の締結の勧誘、投資家への必要な情報の提供、アドバイスを与えることも行います。

ただし、どんな意見やアドバイスを受けても、最終的な判断は自己責任で行わなければなりません。

商品先物取引情報をキャッチしよう

商品先物取引を行うには様々な情報の入手が重要です。

ここで、商品先物情報の入手方法をあげてみましょう。

1、新聞
一般的な新聞のほかに、専門的な情報を集めたもの(「日刊工業新聞」「日経金融新聞」など)もあり、政治・経済情報など相場に関わる情報が入手でき、投資家にとって最もポピュラーな商品先物情報の入手方法でしょう。

2、書籍・雑誌等
取引の入門的な商品先物情報から専門的な商品先物情報ものまでさまざまなものがあります。

書籍や雑誌は新聞などの情報と比べて発行までに時間がかかっているので、中長期的な観点からの情報や一般的な取引についての商品先物情報であると認識しておくのが良いでしょう。

3、取引会社
直接、担当者から情報提供を受けたり、定期的な印刷物の発行などによる商品先物情報の提供が考えられます。

4、インターネット
多くの商品先物情報が迅速に得られます。

インターネットでは個人でも様々な情報を手軽に入手することができるため、急速に利用も広がっていますが、多くの情報の中から必要な商品先物情報を選択するのには手間もかかり、またその確実性や情報の精査も課題となっています。

商品先物マーケット情報アンテナとは?

「Factual Futures商品先物マーケット情報」と言うサイトに「情報アンテナ」と言うページがあります。

この商品先物マーケット情報アンテナでは、取引員や外務員のレポートやコメントが寄せられています。

商品先物マーケット情報アンテナの内容は多岐にわたり、日刊レポートでは、取引員によるテクニカル日報、相場見通し、ファンダメンタル分析レポート、外務員等による相場分析、相場コメント、相場レポート、雑感などの様々な情報が集まって来ています。

商品先物マーケット情報アンテナの週刊レポートでは、取引員によるブローカーの相場予測の比較・懸賞、翌週の価格動向の分析、主要商品の週刊分析、主要銘柄の相場見通し等、たくさんの情報が寄せられています。

また、商品先物マーケット情報アンテナには国内・海外の市況情報も取引員から、国内・海外の最新市況、主要商品の市況、貴金属・石油・コーヒー・大豆・コーン等の市況、国内・海外のマーケット価格、海外商品市況コメント、印刷用一覧換算表、チャートを交えた金・コーヒー・原油等の市況、海外値段速報など、たくさんの情報が寄せられています。

また、商品先物マーケット情報アンテナには、業界コラム・ブログからのレポートが集められているコーナーもあります。

経済レポートでは、経済全般、金融レポ、為替レポ、経済見通し、海外経済、米国経済、欧州経済、中国経済等の最新ヘッドラインが見られます。

商品先物取引ガイドチャンネルって何?

「商品先物取引という言葉は聞いたことがあるけれどよく分からない」と言う初心者にわかりやすい、「商品先物取引ガイドチャンネル」と言うサイトがります。このサイトでは先物取引に関する基礎知識や実際の取引の流れなどを、3人の登場人物とナビゲーターが、映像を交えて分かりやすくレクチャーしてくれます。商品先物取引ガイドチャンネルでは、商品先物取引自体の面白さやオンライントレードの便利さを、楽しみながら体験できます。

この商品先物取引ガイドチャンネルのマスター編では、「先物取引」とはどういうものであるのか、「先物取引」の仕組み、ルールについて、「先物取引」がハイリスクハイリターンである理由、「先物取引」を行う際の情報収集の重要さ、等について親しみやすく、そして分かりやすく説明してくれています。

また、この商品先物取引ガイドチャンネルの会社員編では、ガソリンを例にあげた先物取引の売買に関する具体的な説明、最終取引日に対する注意事項等を教えてくれます。

また、先物取引の上手な活用法を、身近なトウモロコシを例に、買い物から始まる一連の流れを通して、この商品先物取引ガイドチャンネルの主婦編では説明してくれており、また、リスクに対する対処の仕方も大切であると言うことも言っています。

先物取引会社について

今はインターネット取引に対応している先物取引会社がたくさんあります。先物取引会社を選ぶ際には、まず、手数料が安いところを選ぶべきでしょう。取引回数が多いと結構手数料もかさみます。

あとは、先物取引会社のシステムの使いやすさです。システムは先物取引会社によってずいぶん違います。

そして、そのシステムが安定してる会社でなければなりません。システムが頻繁に落ちるような先物取引会社はやめておいた方がいいでしょう。

システムについては、好き嫌いもありますし、実際使ってみなければわからない点もありますので、とりあえず良さそうな先物取引会社に口座を開設してみて、そのシステムが自分に合わないと思ったら、替えればいいだけです。

先物取引会社のホームページ上や取引ソフトウェア内でどれだけ充実した情報を提供してくれるか、どのようなチャートを見られるか、あらかじめチェックしておくことも重要です。

先物取引会社をいろいろな面から比較している、「ALL先物比較」というサイトがありますので、参考にするといいでしょう。無料で一括資料請求もできますし、いろいろな先物取引会社の資料をもらってじっくり検討しましょう。

夜中の12時まで電話対応する会社や、24時間対応の会社もあるので、ぜひそのようなサポート体制をとっているところを選ぶとい、いざという時に助かります。

先物フジとは?

先物フジの「フジ」とは、フジフューチャーズ株式会社のことで、この会社は東京都日本橋に本社を置く商品先物取引会社で、扱い商品は、金、白金、銀、ガソリン、灯油、原油、アルミニウム、ゴム、小豆、Non−GMO大豆、一般大豆、とうもろこし、アラビカコーヒー、ロブスタコーヒー、粗糖の16品です。

先物フジとは、商品先物取引会社「フジフューチャーズ株式会社」を指します。

最新鋭のリアルタイム情報機能とパワフルな売買執行能力を有し、抜群の安定稼動実績でサービスを提供する先物フジの「Venus(ヴィーナス)は、取引画面がシンプルで見やすく、また、相場情報の「量」「質」共に充実しており、これに関しては、先物取引業界でも先物フジがNO.1です。

また、損切り時の往復手数料が0円となる究極のコンセプトは、先物フジの「Venus(ヴィーナス)」だからこそ実現した、業界初、及び唯一のサービスです。

先物フジの手数料は、

「損切り手数料無料コース」・・・損切りの場合、往復売買手数料は無料で、利益時でも、一律往復1,575円(税込)です。

「トレーダーコース」・・・売買手数料は通常時もデイトレード時も全て一律で、全銘柄往復787円(税込)で、通常時もデイトレード時も全て一律、往復787円(税込)です。

先物フジはネット取引のような自由自在のお取引環境と、商品取引専門のアドバイザーとの緊密な連携によるコンサルティング機能を併せ持つサービス『ウィンザープラス』を採用しています。

商品先物を比較してみよう

少ない証拠金で大きな取引ができる先物取引は、手数料の自由化により運用コストを大幅に抑えて投資できるようになりました。その先物取引を成功させるには、取引会社選びがとても重要です。そのために数ある先物取引会社を比較して、自分の目的に合った会社を選びましょう。

今、手数料やサービス内容で商品先物比較するサイトがたくさんあります。

商品先物比較する際に気をつけたいことをあげます。

@商品先物取引所に上場している商品は、原油、金、アルミニウムや大豆、小豆、トウモロコシなど約40銘柄なので、株式投資に比べて銘柄選びが簡単です。ただし先物取引会社によって売買できる商品銘柄が異なるので、商品先物比較して、投資したい商品が決まったら、商品銘柄で先物取引会社を選びましょう。

A商品先物比較する際に、特に頻繁に取引をする人は手数料を無視することはできません。せっかく相場が上がっても手数料を引かれると利益がなくなってしまうこともあります。また先物取引は短期投資が主流なので、先物の比較をする際には、通常の手数料の他にも、デイトレード手数料の割引もチェックが必要です。

B先物取引はリスクが伴う金融商品なので、商品先物比較をする際に、先物取引についての知識がどの程度あるかはとても重要です。なので、少なくとも基本的な用語やしくみくらいについてはさえておきましょう。

商品先物でいこうのサイト

「投資ポータルサイト 商品先物でいこう」には、あらゆる投資に関する情報が集められています。

商品先物でいこう」は、様々な投資に関するサイトのリンク集サイトで、商品先物についての情報は勿論、投資に関する書籍、投資関係の取次業者、業界団体、投資手法等々、ありとあらゆるサイトがリンクしています。

商品先物でいこう」の相場データのページには、取引所別商品価格の一覧、商品分類別の商品価格一覧、相場表、商品チャート、為替レート、為替チャート、株式の指標、株価ランキングなどたくさんの情報がリンクされています。

そして、たくさんの投資に関するコメントを載せたサイトに為替アンテナのページはリンクしています。

また、サマータイム対応の江界各国の世界時計と、貴金属のスポット価格が「商品先物でいこう」の貴金属為替レートのページには表示されています。

商品先物でいこう」の為替チャートのページには、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ポンド/米ドル、豪ドル/円、豪ドル/米ドルの、其々1分足、時間足、日足、週足のチャートが載っています。

そして、商品先物取引のアドバイスを行う会員制サイトや先物投資顧問も90件以上に及びリンクしています。

また詳細に検索できるように検索するためのフォームも用意されています。

「外為為替先物forex FX」とは?

外為為替先物forex FX」は、「外為為替」=「外国為替」、「forex」=「FX」(Foreign Exchangeの略)で、つまり「外為為替先物forex FX」とは、「先物FX(外国為替証拠金先物取引」のことを意味しています。

売り買いのレートの差や手数料が安い、用意するお金(証拠金・保証金)の10倍以上の外貨を扱う(レバレッジを効かせる)ことができる、などの特徴が「外為為替先物forex FX」にはあります。

外為為替先物forex FX」では、全額を入金するのではなく、必要な金額の5〜10%程度の証拠金を入金することで取引が始められるのです。この証拠金は業者によって金額が異なります。

取引規模が非常に大きく、「外為為替先物forex FX」は、世界中で24時間いつでも取り引きができます。

外為為替先物forex FX」では、必ず通貨ペアの一方を「売り」、もう一方を「買い」ます。そして、反対売買を行った時点で、買った通貨が売った通貨よりも値上がりしていれば利益が出ますし、逆の場合は損失が出ます。この損失をカバーするために証拠金を預けるのです。

株式の信用取引や商品取引と同じように、外貨を先に売ることもできますので円高局面でも儲けることができますが、反対売買に期限はなく、株式や商品とは異なり、「外為為替先物forex FX」は、いつでも決済ができます。また、スワップ金利(通貨の貸し借りにかかる金利)がかかり、より高金利の通貨を買う(つまり貸す)場合は金利を得ることができ、逆の場合は金利を支払います。

外為為替先物forex FX」には、取引所を通じて行う「取引所為替証拠金取引」と、売り手と買い手が直接取引をする「店頭為替証拠金取引」の両方があります。

先物でいこう!

「投資ポータルサイト 商品先物でいこう」には、あらゆる投資に関する情報が集められています。

「商品先物でいこう」は、様々な投資に関するサイトのリンク集サイトで、商品先物についての情報は勿論、投資に関する書籍、投資関係の取次業者、業界団体、投資手法等々、ありとあらゆるサイトがリンクしています。

「商品先物でいこう」の相場データのページには、取引所別商品価格の一覧、商品分類別の商品価格一覧、相場表、商品チャート、為替レート、為替チャート、株式の指標、株価ランキングなどたくさんの情報がリンクされています。

そして、たくさんの投資に関するコメントを載せたサイトに為替アンテナのページはリンクしています。

また、サマータイム対応の江界各国の世界時計と、貴金属のスポット価格が「商品先物でいこう」の貴金属為替レートのページには表示されています。

「商品先物でいこう」の為替チャートのページには、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ポンド/米ドル、豪ドル/円、豪ドル/米ドルの、其々1分足、時間足、日足、週足のチャートが載っています。

そして、商品先物取引のアドバイスを行う会員制サイトや先物投資顧問も90件以上に及びリンクしています。

また詳細に検索できるように検索するためのフォームも用意されています。

「商品先物でいこう」のサイトについて

「投資ポータルサイト 商品先物でいこう」には、あらゆる投資に関する情報が集められています。

商品先物でいこう」は、様々な投資に関するサイトのリンク集のあるサイトで、商品先物についての情報は勿論、投資に関する書籍、投資関係の取次業者、業界団体、投資手法等々、ありとあらゆるサイトがリンクしています。

商品先物でいこう」の相場データのページには、取引所別商品価格の一覧、商品分類別の商品価格一覧、相場表、商品チャート、為替レート、為替チャート、株式の指標、株価ランキングなどたくさんの情報がリンクされています。

そして、たくさんの投資に関するコメントを載せたサイトに為替アンテナのページはリンクしています。

また、サマータイム対応の世界各国の世界時計と、貴金属のスポット価格が「商品先物でいこう」の貴金属為替レートのページには表示されています。

商品先物でいこう」の為替チャートのページには、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ポンド/米ドル、豪ドル/円、豪ドル/米ドルの、其々1分足、時間足、日足、週足のチャートが載っています。

そして、商品先物取引のアドバイスを行う会員制サイトや先物投資顧問も90件以上に及びリンクしています。

また詳細に検索できるように検索するためのフォームも用意されています。

商品先物オンライン取引をしてみよう

商品先物オンライン取引の「オンライン取引」とは、オンライントレード(online trade)と呼ばれ、インターネット等の電子ネットワークを通じて、株式や投資信託などの金融取引を行うことができるサービスです。

もともとは、インターネットを用いた金融商品の取引は、オンライントレードの他にも、イートレード、インターネットトレードなどとも呼ばれていましたが、現在ではオンライントレードが一般的に使われています。

「商品先物(商品先物取引)」とは、農産物、貴金属、石油製品などを「将来の一定期日に、取りきめた値段で取引することを約束する取引を言います。

つまり、商品先物オンライン取引とは、この商品先物取引をパソコンまたは携帯電話を操作して行う取引のことです。

商品先物オンライン取引等のオンライン取引を行う際には、使用する端末(パソコンまたは携帯電話)の環境が重要です。

ウイルスや個人情報漏えいに対処するためのセキュリティー対策は、商品先物オンライン取引を行うために必要不可欠ですし、コーヒーをこぼしてしまったりしたら、もうその端末は使えません。

他には、完全に人的ミスですが、売りと買いの間違え、売買口数の入力間違え等は商品先物オンライン取引においてたびたび起こっています。

商品先物価格とは?

商品の先物取引とは、6ヶ月後・1年後というように、将来のある一定の時点で、 代金の決済ならびに、特定の商品の受け渡しを行う契約を現時点で行う取引です。

この先物取引は、農産物(大豆、小豆など)、貴金属(金、白金など)、鉱産物(原油、石油製品など)など様々な物の取引が行われ、日本では東京工業品取引所、東京穀物商品取引所など6つの商品取引所で商品先物取引が行われています。

商品先物価格が安値の時に先物を買っておいて、後になって上昇した時に売れば、利益を得られますし、その逆で、先物を商品先物価格が高値の時売っておき、後になって下落した時に買い戻せば、利益が得られることになります。

商品先物価格の場合、株式投資のように、買いから入って、あとはただ値上がりするのを持つだけ、というのではなく、商品先物価格が下がっても利益を上げられるのです。

ただ、商品先物相場では、商品先物取引員を介して取引されるので、手数料などもかかり、単純に利益が上げられるものでもありません。

商品先物取引は先物市場のチェックが欠かせません。チャートなどのテクニカル要因も参考になりますが、先物取引などの相場の世界では、やはりファンダメンタル(販売動向や投資計画などの基礎的な情報のこと)は大切です。

相場は生き物ですので常に新鮮な情報を見られる状態にしなければなりません。ファンダメンタルの最新情報は、商品先物価格など市況をチェックし、分析することです。

先物取引とうもろこしについて

とうもろこしは、ほとんどが家畜用飼料として使われますが、このほか、公害規制のためガソリンに混入するエタノールの原料など、工業用、燃料用アルコールの原料として、またはコーンスターチ、人口甘味料、工業用アルコールなど用途は多岐にわたります。

とうもろこしは、日本国内ではほとんど生産されておらず、40%以上をアメリカからの輸入に頼っています。

先物取引とうもろこしは、天候、在庫率に影響されますが、日本ではほとんどをアメリカからの輸入に頼っているため、 為替レートの変動も大きく影響します。

主要生産国である米国中西部産地での、とうもろこしの作付けに適した時期は4〜5月、7〜8月が受粉期、10〜11月が収穫期で、作付け期に長雨になると、作付け期が遅い大豆へのシフトが懸念され、作付面積の減少が予想されるため、先物取引とうもろこしは買い材料となることがあります。

このように、産地の生育期の天候いかんでその年の豊凶が大きく変わるため、例年この時期の先物取引とうもろこし相場は、「天候相場」と呼ばれ、先物取引とうもろこし相場が大きく変動する特徴があります。

また、とうもろこしの収穫期から翌年の春に作付けが始まるまでの時期は、天候要因から
、消費や輸出などの需給要因へと注目材料が移るため、この時期の先物取引とうもろこし相場は、一般に「需給相場」といわれています。

先物探花ってどんなところ?

先物探花とは、石川県に住む秋山昇さん(ペンネーム)が運営するホームページで、約7年の相場歴から『鞘こそ相場。割を食うな。順鞘に買い無し、逆鞘に売り無し。値頃感はいけない。値頃より日柄を重んずべし。需給は全てに優先する。悪い玉を切り、良い玉を残す。困難は分割せよ。我以外皆師也。失敗は学びの絶好の機会。』(先物探花のプロフィールより)のような、相場において日々心がけるべき事を、導き出されたようです。

そして、国境なき医師団、ペシャワール会、ピースウィズジャパンに、税引き前累計利益の1%以上2%以下の範囲で寄付もされています。

(生計を圧迫しない程度の)寄付という行為は、資産を増やすために重要だと何かの本で読みました。寄付は、された側にはもちろんですが、した側にも精神的に大きな意味を持つのだと思います。それは、額の大きさには関係はないのです。

また、秋山さんは何社かのマスメディアの取材も受けられているようです。

先物探花の中では、相場についていろいろな話が取り交わされていますが、先物探花では、何回かオフ回も開催されており、集まった皆さんは相場の話で盛り上がっているようです。このような場所は、相場をしている人には、掲示板でのやり取りとはまた違った情報が入手できる絶好の機会ですね。

また、先物探花の中では、相場に関するHPのリンクがとてもたくさんあるので、相場に関する情報を集めたい時には、とても役に立つと思います。

先物市場、いろいろ

先物市場には、原油先物市場、貴金属(金、白金など)先物市場、工業品先物市場、穀物(小麦、とうもろこし、大豆、コーヒーなど)の商品先物市場など、様々な市場があります。

その中でも農作物の先物価格は天候相場といわれ、生育期間中の数ヶ月先の天気や気候の予測により、値段が変動しますし、台風などの影響で値段が急騰することもあるので、毎日の天候や他国の動向などの先物市場のチェックが重要です。

原油先物価格の変動に関わるOPECは原油価格を維持する為、年2回定時総会を開いて生産枠を協議します。

劇的なことが起こらない限り、原油先物価格はNYの先物価格と同じ様に連動しますので、まず前日のNYMEXの価格を見て、それから世界情勢の市況(為替、政治、米国の原油の在庫など)を見てもよいと思います。

金の価格については、景気・インフレ動向、通貨・金利の動向、株式・債券の動向・国際情勢 (政治・経済) 、鉱山会社の供給量やヘッジ戦略、ファンド・マネーの動向、アジアや中東地域での消費・投資動向など様々なものが変動要因となります。

そして、原油先物価格と金価格は昔から連動するといわれているため、毎日の先物市場は欠かせないチェック項目でしょう。

商品先物取引は先物市場のチェックが欠かせません。チャートなどのテクニカル要因も参考になりますが、先物取引などの相場の世界では、やはりファンダメンタル(販売動向や投資計画などの基礎的な情報のこと)は大切です。

相場は生き物ですので常に新鮮な情報を見れる状態にしなければなりません。ファンダメンタルの最新情報は市場をチェックし、分析することです。

蛎殻町先物って何?

江戸時代から始った蛎殻町(カキガラチョウ)の米の先物取引は明治に入っても活発で、その中心を担ったのが明治7年に日本橋蛎殻町に開業した「中外商行会社」で、現在この地には、農産物を専門にする蛎殻町先物取引の市場「東京穀物商品取引所」が建っています。

「中外商行会社」は、明治9に発布された米商会所条例により、「蛎殻町米商会所」となり、明治16年には、隣町で営業する「兜町米商会所」と合併し「東京米商会所」に、明治26年には「東京米穀取引所」に、明治41年には「東京米穀商品取引所」と、度々の再編が行われました。

しかし、昭和13年に「国家総動員法」が施行され、また、日本が第二次世界大戦の臨戦態勢に入ったことにより、穀物類取引の統制も厳しくなり、閉鎖に追い込まれましたが、戦後、昭和26年、雑穀統制が解除されると、その翌年に「東京穀物商品取引所」として再開され、以来今日まで、蛎殻町先物取引は日本の商品先物取引の主要市場として発展を遂げています。

現在、蛎殻町先物取引の中心は、トウモロコシ、大豆、小豆などです。

そんな中、平成19年6月19日、石油に替わる新エネルギーとして注目を集めるバイオエタノールの原材料となるトウモロコシの世界的な需要拡大により、蛎殻町先物取引においてトウモロコシの先物価格が史上最高値(1トンあたり3万510円)を記録したことが大きな話題となりました。

また、東京穀物商品取引所をめぐっては、24時間取引や商品の追加など、国際競争力の強化を目的としたシステムや制度の見直しの機運が高まっており、その一環として、蛎殻町先物市場で、米の先物取引を復活させようとの声も挙がっています。

「中外商行会社」の開業から130年余、今日においても日本橋蛎殻町は、日本の先物取引の中心地として躍動し続けています。

金融先物取引業協会を知ろう

東京都千代田区神田にある金融先物取引業協会は、会員の行う外国為替証拠金取引に関して、業務全般に関しガイドラインを策定し、外国為替証拠金取引の振興及び投資家の保護を図り、外国為替証拠金取引市場の健全な発展に資することを目的とする社団法人です。

金融先物取引業協会は、以下の業務を通じ、全国の金融先物取引業者の唯一の自主規制団体としての使命の遂行に努めています。

〇自主規制
会員の金融先物取引業務に関して、自主規制ルールを作り、金融先物取引業協会が監督・指導・勧告を行います。

〇苦情・紛争処理
会員の金融先物取引業務について苦情の申出があったときは、迅速な解決にあたり、また、当事者間で解決できないもの(紛争)について、あっせんの申立てを受けたときは、金融先物取引業協会があっせんを行います。

〇調査企画
金融先物取引業協会は、内外金融先物市場の動向調査、諸統計の作成等のほか、金融先物取引業の健全な発展に必要な企画を立案します。

〇広報研修
金融先物取引に関する各種刊行物の発行、セミナーの開催、ホームページの開設等による広報啓蒙活動のほか、金融先物取引業協会は業界役職員の研修等を行います。